妄想日記

MMORPG「RED STONE」「マビノギ」のプレイ日記。平行して暇人大学生の日常も綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鍛冶屋修正

ないのかよっ! どうりで異次元が再び値上がるはずだぜぇ、デフレの時に買い物した人が勝ち組ってわけですね。

今日はメンテ前ぐらいに起きて、PCいじろうと思ってたのに、気付けば13時半でした、うーん、熟睡。
その後に昼飯買いに行こうと家でたら雨ガンガン降ってて激しく萎え。
しゃーねぇからって濡れながら往復したら、家についた頃に小降りになるってどういうことですか。
とりあえず、そろそろ晴れてくれないと洗濯したいものが結構あるんですけどねぇ。

■RS

Gvの方は・・・正直スマンかった。
まぁ、相手BISなしっぽかったしねぇ、ちょっと攻撃中断して様子見ようって伝えようとした矢先に全滅勝利しちゃいました。
SS3枚しか撮れてねぇじゃん。

今日のソロ。

20061130235941.jpg


20061130235951.jpg


20061130235958.jpg


20061201000004.jpg


20061201000012.jpg


20061201000018.jpg


20061201000025.jpg


今日は思ったよりドロップ良かったのかも、これで青さんに借金返しても現金1億と例のロンコが手元に残りました。
やっぱり、安くなったとは言え、透明指が大きかったですねぇ、補正8%で85Mでさらっと売れました。
一方でUの方は相変わらず微妙だなぁ、ホースも馬のアドバイスみたいに12Mで売れるかおもたけど、8Mで売れ残ってたので諦めて6M売り。
まぁ、最初からあんま期待してはないけどさ、それにしたってそろそろ億U来て下さいよ。

後、ソロやってた時に爆笑した乞食君。

20061201000740.jpg


20061201000746.jpg


20061201000752.jpg


20061201000757.jpg


20061201000803.jpg


20061201000811.jpg


20061201000816.jpg


20061201000821.jpg


最初はいつもの乞食君かぁってことで、さっさとMPKして終わらせようとしたんだけど、思いのほか根性がある上に、発言がすごい面白い。
だんだんとPTチャでヒートアップして、最後はドS女王のびたさん&るーさんのコンビが考案した毒舌発言を私がすることに( ^ω^)
るーさんは現場に来てまで一部始終見てましたが、トランで狩ってたびたさんは白チャ見れなかったんで、貼りw

いや~ここまで楽しませて貰えると、もうドロップアイテムぐらいくれてやってもいいかなって気分になりますねぇw
厨をうぜぇうぜぇと愚痴って、自分まで気分悪くなるより、こういう息抜きに有効活用していくべきですね^w^w^w^w^w^w^w^



さて、自伝はいよいよ今日がラストになるかな?
まぁ、分量次第で2回に分けたり、ちょっと書き足りなかったことなんかを別に書いたりするかもしれないけども。
今日は前回や前々回のように変化があるわけでもないし、恋のエピソードがあるわけでもないので、すんげーつまんねーと思うけどね。


ちょっと本編入る前に他の人の自伝を読んでの感想。

私なんかが体験したことより、よっぽどハードな内容が多くて、正直、結構ショックでした。
全く自覚がなかったわけじゃないけど、自分の人生とか人格形成がいかに甘えたものであるかってのを改めて思い知りましたね。
同じ体験でも人によって受けるショックの度合いが違うって言い訳もあるけども、何かそれどころじゃない感じだなぁ。
るーさんがコメントでも残してたけど、やっぱこういうのってお互いに結構影響するかもしれませんね、いや、少なくとも私は間違いなく影響受けましたね。
それがどう表れてくるのかはまだ分からないけど、いい刺激にはなったと思う。

さて、では本編にでも。
今日は浪人時代~現在に至るまでを書く予定だけども、この辺はあまりにも何もなかったので、逆に印象も記憶も薄い時代です。
高3の頃の人格をベースに、それをさらに丸く、無気力、無関心化させて行く過程ぐらいしか書けないんじゃないかしら。
何か、他の方の半生に比べて凄い情けない内容になりそうだけども、愛想尽かさないでね(;´Д`)

安定期編(浪人時代~現在)

とにかく全般的に変化がない、というよりも、変化がないように努めてきた時代だったのかもしれません。
また、相当に感性も鈍ってた時期で何があっても特に反応しませんでしたね。
とにかく「主観」の力がかなり鈍っている気がします、主観的でないってことじゃなくて、自分のこととして捉える力がなくなってきたって感じかな。

大学に落ちても全くショックもなく、滑り止めの大学に行くつもりは全くありませんでした。
別に国公立にこだわりがあったわけじゃないんですが、とにかく面倒だったんですよね、行くつもりなかった私立いくより、浪人した方が楽だろうってな発想でした。
浪人生になっても全く勉強せず、半年の間は免許とったぐらいで、全く何もせずボーっと日々をすごしてました。

この頃はホント何をやってたのか、全く記憶がありません。
すでに無関心さがかなりはびこっていて、オタっぽいことすら一切してませんでした。
恐らく何度もやったゲームを繰り返しやったり、何度も読んだ漫画を再読したり程度じゃないでしょうか。

何をするでもなく半年が過ぎ、こうなるとさすがに親の方が焦って、またも強制的に私を予備校へ送り込みます。
しかし、当の本人はまるで他人事、予備校へもホトンド行かず、一日中駅前の本屋で立ち読みして時間を潰してました。

一方で友人との交流は高校卒業後も高校時代のオタ仲間であった「F君」や、小学時代からの親友だった「T君」ともあったんですが、それすらも私にとってはただわずらわしいものでしかなかったんですよね。
特に人付き合いがよく、しょっちゅう遊びに来たり電話してきていた「F君」との付き合いは面倒で、浪人時代も半分を過ぎた辺りから避け始めます。
また、ネットでの交流が主だった「T君」とは、私の方が主に連絡を取る側だったので、それをやめ、疎遠な関係に。
とにかく、一人でいること以外、他人と話すのもわずらわしく、面倒くさい、そこまで堕ちていました。

ただ、見方を変えてみると、とにかく自分に起こる変化が恐ろしかったってことでもあったんですよね。
中学→高校、それも普通高校ではなく、寮制、付属高校、特殊な校則といった環境の劇的な変化、それが私を追い詰めたっていう苦い記憶がトラウマに近いものになり、環境の変化が一番恐ろしいものと感じていたのかもしれません。
だから、大学という新しい環境に飛び込むこともしなかったし、友人との関係も断ってしまえば、もはや変化することはない、そういうふうに本能的に感じていたのかもしれません。

とは言っても、時間は誰にとっても同じように進むわけで、ろくに勉強もしないまま、受験期間に。
やる気もないまま受けたんですが、何とか去年と同じくらいの水準は保てたようで、その成績を元に、とにかく楽な二次試験を課す国公立ってことで、現在通っている「T大学」を選択。
当然二次試験対策もろくにしなかったんですが、小論文はお手の物、特に苦労もせずテスト当日もさらさら書けて、あっさり合格。
さすがに家からは通えないってことで、下宿することに決まります。

ちなみに「RS」に出会ったのは、二次試験が始まるちょっと前ぐらいです。
ネトゲは高校時代にやっていた「ENDLESS BATTLE」の同人系のものが、身内系で管理人と数人のプレイヤーが独占的にいいアイテムや仕様の変化を決めていて、そんなところに外部から廃プレイヤーとして私が入っていったものだから、非常に敵視されて、ことあるごとにマクロ使用者だのバグ使用者だのアホだの馬鹿だのと濡れ衣着せられた思い出が強く、あんまいいイメージなかったんですが、弟が勧めてくれたのもあり、ちょろっと手を出してみることに。
最初はギルドやPTなんて興味なく、ひたすらソロばかりやってたんですが、ソロやっているうちに出会った将軍やさだこさんと気まぐれにギルドを作ってみることになりまして、それが「北天騎士団」だったわけです。

話しずれたけど本題に戻って。
で、なんだかんだで大学生活が始まったわけだけど、もう全く友達を作ったりサークルに入ったりなんて気はありませんでしたね。
そいやって冷めてた私にも、さすがに全国から人が集まる大学、話しかけてくる人はいるんです。
友達作るつもりはなくても、大学生活を円滑にするために別にそれを無下にすることはないってことで、授業一緒に受けたり、話したりする人が数人できたんですが、これが全く私とは噛み合わない性格の人ばかりで、もううんざり。
彼らとの付き合いは程々にしつつ、半年ぐらいが過ぎた頃、偶然教室内でRSの話をしていたらなにやらそれに食いついてくる人が。
それがおじさんとの出会いでした。

おじさんは彼らとは全然違い、心地よく一緒に過ごせる人でしたね、お互いが気持ちよくいられる適度な距離感とか、話題とかを熟知してる人ですから。
この出会いは私にとっては有意義だったかなぁ、堕落した私とここまで息の合う人はそういないんじゃないかと思います、おじさんがどう思ってるかは知らんけど。
とにかくその後の付き合いはおじさん一辺倒に、現在大学で話できるのはおじさんぐらいか? ちょっと授業の情報聞いたり、事務的な話できる人は2~3人いるんだけども。

こんな感じですから、特に何かから影響を受けて価値観や人間観が急激に変化するなんてことはなかったけど、性格の方は徐々に丸くなっていったようです。
つーのも、やけに親とか旧知の人に「丸くなったなぁ」とか「優しくなったなぁ」とか言われるんですよね、ここ最近。
さすがにこんな近い時代の変化はそうそう感じられないので、私としては高3当事からそんなに変わったつもりはなかったんですが、まぁ、無関心にせよ、昔ほど荒んだ気持ちにはならないかなぁ。
悪い意味でどーでもよかったのが、いい意味でどーでもいいと思えるようになったってことかもしれません、うん、言ってる本人も意味わかんねぇ。

まぁ、そういうまだ自分ではよく分かってない変化にRSでの人間関係が影響している可能性は十二分に考えられます。
浪人時代~大学入学前後で、リアルの人間関係をばっさりと全て切ってしまった私は、リアルで他人から影響を受けるなんてホトンドないんです。
で、自分で何かに関心や興味を持って行動をするなんてこともしないので、何かしら変化があるとしたら身の内からくるものか、あるいはRSからくるものしか考えられないんですよね。
要するに、私にとってはリアル以上にRSの関係ってのは有意義なものなわけで、今となっては心のよりどころなのかもしれませんね。



ん、何だかとんでもなく意味のわからん文章になってる気がするんだけども、まぁ、私の半生はこんなもんです。
後半のあまりの味気なさは、いかに私が無駄な人生を送ってるかを表してると思うんだけども、いや、マジでどーなるんだろ、この後。
まぁ、こっからは私も予想つかんし、それが人生の面白いとこなんかもしれないけどね。
また何か書き足すこととか、フォローしたくなったことあったら、続きを読む設定で書くとして、とりあえずこれで終わり。
後は、皆の半生を読ませて貰いながら色々考えたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2006/12/01(金) 01:21:56|
  2. RS
  3. | コメント:3
<<洗濯したい | ホーム | 撮影会>>

コメント

いやあ、あのBISはマジでおもろかった。
乞食PTもできちゃったしねw
だんなに一部始終話したら、だんなも爆笑してたよ(´▽`)

ゲームでもさ、いろんな人間いるし、「文章」での会話だから、表情から相手の心とかを読んだりできないけど、それでもいろんな意見聞けるし、参考になるよね。
ましてや、年代も超えて話せるところがまた醍醐味。
あたしもネットで知り合った人に色々支えてもらった部分もあるから、怖い部分もあるけどネットって使い方によってはいいもんだなと思ったよ。
自分とは相容れない人間も要るけど、共感してくれる人もいる。
団長はこの先、社会に出るという大仕事もまだあるわけだけど、そこでまたいろんな出会いや経験をして、また人間的にも正確的にも変わる機会があると思う。
まあ、どういう風になっていくかは自分しだいだけど、またさらに視野を広げてみるのもいいかもしれないね。
うん、珍しくまともなことかいてみたっw
  1. 2006/12/01(金) 02:26:15 |
  2. URL |
  3. るー #-
  4. [ 編集]

追い払ったあとに「お疲れ様でした^^」のwisまじおすすめ。

いや、ほら真後ろの席で「アリアンで売ればいいよ」とか聞こえたら、なんか反応しちゃうってば。
当時、まだレベル上げてたしさ、たぶん。
ちなみに、赤サバはじめたのは7/10です。昔の日記に書いてあった。
(おじさんも堕落してるから)話があうみたいな文脈なのがアレです。
間違ってないけどな!
  1. 2006/12/01(金) 02:47:57 |
  2. URL |
  3. ojisan #-
  4. [ 編集]

>るーさん
まぁ、何度かこのブログでも書いたけど、なんだかんだ言っても私はまだ学生なわけで、発言に重みがないんですよね、悔しいけどこれは分かる。
今の私が最も不便を感じる部分はここですね、何を主張したって自立しているって背景がないから、どうしてみたって「子供の戯言」なんですよね。
ただ、社会に出るのを甘く見ているって訳じゃなくて、やはりそれなりに苦労のある作業で、自分に影響のある部分も恐らく多いんだろうとは思う。

実はちょこっとだけ持論展開したい部分あったんだけど、先人の言葉の重みを重視、これ打ち出すのは社会出て正しさを実感してからにしますw
RS内ではお馬鹿な付き合いしてるけども、先人として今後も頼りにしてるぜ(´▽`)

>おじさん
7/10って、夏休み前だったのか、あんま詳しく覚えてないわぁ。
ホントのこというと、情報リテラシとか英語の時間におじさんの画面にRS公式写ってたの何度か確認してました。
まぁ、普通に話しかければ良かったのかもしんねーけど、そこは引きこもり、偶然の出会い待つしかありませんでしたとさ。

まぁ、話しが合うってか、距離感を大事にする辺りがいいのかもねぇ。
趣味ってか、興味の方向性は微妙に違う気がするけども、生き方は似てるんじゃないだろうか。
ダメ人間度は私のがヤバイんじゃない? 知識量とかはおじさんのが上な気がする。
  1. 2006/12/02(土) 00:49:21 |
  2. URL |
  3. 二月@北天団長 #eslyKKiU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。